ちりゅう歯科

TEL. 0566-95-8123

根管治療Endodontic

根管治療について

根管治療で繰り返す痛みを改善
歯の根っこ(根管)には、眼には見えない細菌や膿がたまり炎症が起きている場合があり、その状態を放置することでお口の状態が悪くなります。
また、細菌が血液から全身に流れてしまうことで、様々な病気の原因になる危険性があります。
同じ症状を繰り返してしまう場合は、早期発見・早期治療でお口の状態を改善し、改善した良い状態を保てるように定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

根管の治療が必要な場合

何度も同じ痛みを繰り返してしまう、詰め物がすぐに外れる、じんじんする強烈な痛みがある、熱い物などでひどくしみる、歯の根っこが腫れている、歯が折れた、ぶつけるなどして神経が死んでしまった

ちりゅう歯科の根管治療

マイクロスコープによる精密な治療

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とは、治療部位を拡大して見ることのできる機器です。
根管治療においては、どれだけしっかりと問題部位を確認できるかが重要になりますので、精密な治療を行うためにもマイクロスコープは欠かすことができない機器です。

ラバーダム使用による感染対策

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。
ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことができます。

スピーディーな治療

柔軟性があり、より確実な拡大、形成を可能にしたニッケルチタンロータリーファイルという切削器具を使用することにより、素早く確実に根管治療を行うことができます。
一般的な歯科医院で使用されている物はステンレス製で、歯根内で折れやすい、しなりが少ないため複雑な歯根内では操作が難しいというデメリットがあります。

根管治療が必要な理由

全身にも悪影響を及ぼす可能性があります。
むし歯などにより炎症を起こすことで歯髄の機能が失われることがあります。
機能を失ってしまった歯髄は細菌のすみかとなり、全身の血管を巡って身体に様々な悪影響を及ぼしてしまうことがあります。
放置してしまうと、歯を支える骨まで溶かしてしまうこともあります。
歯髄をきれいに取り去り、薬剤で洗い人工物に詰め替え、再度感染しないようにするのが根管治療です。
当院ではマイクロスコープを使用して正確な治療を行っています。お気軽にご相談ください。