ちりゅう歯科

TEL. 0566-95-8123

入れ歯False_teeth

入れ歯について

入れ歯が外れやすいなどのお悩みはありませんか?
当院では、保険適用の入れ歯から保険適用外の入れ歯まで対応しています。
患者様のご要望やご希望の予算などをしっかりとお聞きし、一人ひとりに合った入れ歯をご提供するようにしています。
現在お使いの入れ歯が合わない、痛みを感じる、違和感があるなどのお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

このような場合は
ご相談ください

入れ歯が痛い、歯が揺れる、歯がしみる、歯に鈍痛がある、歯ぐきの出血、顎が痛い、被せ物が外れる、噛みにくい

入れ歯の種類

レジン床義歯

一般的で多くの方が使用している入れ歯です。
保険適用の入れ歯ですが、プラスチックを使用して製作しているため分厚くなり、違和感があったり、熱が伝わりづらかったりします。

メリット

  • 保険適応

デメリット

  • 厚みがあり違和感がある
  • 熱が伝わりにくい

金属床義歯

入れ歯の土台となる床の部分が金属でできています。
保険適用ではありませんが、薄く作製できるため、違和感が少なく、熱が伝わりやすいのが特長です。
土台となる金属にもコバルトクロム、コバルト窒化チタン、白金加金があります。

メリット

  • 熱が伝わりやすい
  • 比較的違和感が少ない

デメリット

  • 自費のため高額
  • 修理が難しい

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使わないので審美性に優れます。金属のバネが気になる方や金属アレルギーの方におすすめです。全ての症例に適応できるわけではありません。

メリット

  • 薄く軽い
  • しなやかさがある
  • 目立ちにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 自費のため高額
  • 素材によって修理が難しい
  • 噛んだ時にたわむ

インプラントオーバーデンチャー

インプラントと入れ歯を併用する入れ歯です。インプラントを土台とするので入れ歯がしっかりと固定されます。

メリット

  • 入れ歯が安定しやすい
  • 外れたりズレたりしにくい

デメリット

  • 自費のため高額
  • 手術のため身体へ負担が増える
  • インプラントと入れ歯双方のお手入れが必要

治療費について

金属床 240,000円
ノンクラスプデンチャー 100,000円

<お支払い方法>

お支払いは一括払い、分割払い、デンタルローンによる方法からお選びいただけます。
詳しくはお気軽にご相談ください。
  • ①一括払い
  • ②分割払い
  • ③デンタルローン
医療費控除について
1月1日から12月31日までの1年間で10万円以上の医療費を支払った場合、税務署へ確定申告することで治療費の一部が戻ってきます。
領収書や通院の際にかかった経費の領収書などは大切に保管しておきましょう。