入れ歯(義歯)|知立市の歯医者「ちりゅう歯科」

FALSE TEETH

患者様にとってより良い「入れ歯」を作製

「使っている入れ歯が合わず、口が痛い」「入れ歯を作ったままで、歯科医院に通っていない」などの患者様は、
今の入れ歯がお口に負担をかけているケースがあります。入れ歯のお悩みやご相談は、当院にお任せください!
当院では患者様のご要望や予算に合わせて、患者様の今のお口の状態とこれからのライフスタイルを考えた入れ歯作製に力を入れております。
一人ひとりの患者様に寄り添い「ずっと長く使える入れ歯」の提供をめざしております。

しっかり固定する入れ歯治療 インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、顎の骨に埋め込んだ2~4本のインプラントを土台とし、その上から入れ歯を固定させる治療法です。外科手術を伴いますが、使用時に入れ歯が口腔内でずれたり外れたりする心配が少なく、付け心地の良い入れ歯になっております。
噛む力や咬み合わせの安定感も高く、食事もおいしく楽しめます。場合によっては、現在お使いの総入れ歯を加工して、インプラントオーバーデンチャーとしてお使いになれるケースもございますので、まずはご相談ください。

しっかり固定しながら簡単なお手入れが可能

インプラントの場合、人工歯は顎の骨に埋め込んだインプラント体やアバットメントという接続部分に固定されているので、ご自身で取り外すことができません。しかし、インプラントオーバーデンチャーは、アパットメント部分に入れ歯を差し込む仕組みになっております。ご自身で取り外しが自由にでき、市販の入れ歯洗浄剤を使って簡単にお手入れが可能です。
こまめなお手入れと、歯科医院での定期的なメインテナンスを組み合わせると、清潔なお口の環境を維持でき、入れ歯が長持ちします。

インプラントオーバーデンチャーの特徴

  • 使用時の安定感が高い
  • 会話をしている際に入れ歯が外れる心配が少ない
  • 取り外しが自由でお手入れも簡単
  • 少ないインプラントの本数で入れ歯を固定できる
  • 入れ歯がずれにくくしっかり噛める

インプラントオーバーデンチャーは、「ずれる」「噛めない」「話にくい」等の総入れ歯の悩みを解決してくれるのです。

こんな人におすすめ

インプラントオーバーデンチャーは、「インプラントに比べて治療費を抑えたい」「口の中でずれない入れ歯を作りたい」「食べ物をしっかり噛めるようになりたい」などの患者様にお薦めしております。顎の骨が薄い患者様でも、条件を満たせば作製が可能になる入れ歯ですので、ぜひご相談ください。

熱伝導が良く食事を楽しめる 金属床の入れ歯

金属床の入れ歯は、粘膜に当たる部分が金属で作られています。 床の部分を薄くしても、金属なので耐久性があり、保険診療で作られるプラスチック製の入れ歯に比べて、使用時の違和感やお口の疲れが少なくなります。
さらに金属は熱伝導率が非常に良く、食べ物や飲み物の温度を感じやすくなるのも、金属床の入れ歯ならではの大きなメリットです。
入れ歯をしていても、食事をおいしく楽しめるようになります。

「たわみにくい入れ歯」が長持ちのポイント

耐久性がある金属を使用しているので、入れ歯をつけていてもたわみにくく、お口にしっかりフィットする付け心地の良さは、金属床の入れ歯ならではのポイントです。噛む力が伝わりやすくなり、硬い食べ物も噛めるようになります。

金属床の入れ歯の特徴

  • 入れ歯が厚くならず、使用時の違和感が少ない
  • お口の粘膜を傷つけにくい
  • お口に合わせて加工しやすい素材
  • 温度が伝わりやすく、食べ物や飲み物をおいしく味わえる
  • 硬い食べ物もしっかり噛める
こんな人におすすめ

金属床の入れ歯は、「高品質な入れ歯を長持ちさせたい」「食べ物や飲み物をおいしく味わいたい」「今の入れ歯が合わず、違和感を覚えている」などの患者様にお薦めしております。より患者様のお口に合った、快適な入れ歯の作製に努めておりますので、入れ歯に関するお悩みも当院にお任せください。

入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯(義歯)はインプラントに比べると、治療期間が比較的短い治療法です。
素材によっては保険診療も可能ですので、治療費を考慮した治療ができます。
しかし、入れ歯治療にもメリット・デメリットがありますので、
一緒に話し合いながら、一人ひとりの患者様に合ったオーダーメイドの入れ歯を作製していきます。

  • メリット
    • 外科手術を伴わない
    • 失われた歯の本数が多くても治療が可能
    • 他の健康な歯を削ることがほとんどない
    • 取り外しが自由でお手入れも簡単にできる
    • 保険診療で作製できる入れ歯もある
  • デメリット
    • インプラントに比べるとお口の中の異物感がある
    • 周りの健康な歯に負担がかかるリスクが有る
    • 天然歯に比べて噛む力が劣る
    • こまめに手入れしないと細菌が繁殖してしまう
    • 口腔内の粘膜と擦れて痛みを感じることがある

部分的に歯を補う ブリッジ

失った歯の本数が1~2本と少なく、両側の歯が健康な場合は、ブリッジという治療法をお選びになれます。失った歯の代わりとなる人工の歯と、両隣の歯にかぶせる冠が一体になっています。
ブリッジは、総入れ歯の作製にはまだ早く、インプラントのような外科手術を避けたい患者様にお薦めの入れ歯治療です。

こんな人におすすめ

「外科手術を避けたい」「保険診療の範囲内で治療したい」「失われた歯の本数が少ない」などの患者様に、ブリッジを用いた入れ歯治療のご案内が可能です。しかし、周囲の健康な歯をたくさん削る必要があり、虫歯や歯周病リスクが高くなるなどの注意が必要です。

あなたに合った治療をご提案します

歯を失った時にできる治療法はさまざまですが、どの治療法にもメリット・デメリットがあり、患者様の症例によって提案できる治療の内容が異なります。
当院は、患者様のライフスタイルや症例に合わせた、適切な治療プランの提案を心がけております。治療に関する内容はきちんとご説明し、患者様の意見を尊重することを大切にしておりますので、お悩みやご不明点は遠慮せずに何でもご相談ください。

歯を失ってしまった時の各治療法の比較

ページトップへ